瓦屋根のシール止め

瓦屋根のシール止め(ラバーロック)|千葉県袖ヶ浦市のS様邸にて塗り替え塗装中

ハウスメンテ通信をご覧頂きありがとうございます!

塗装職人の山本です!!

今回も引き続きになりますが、千葉県袖ヶ浦市のS様邸にて作業を進めましたので、その様子をご覧下さいませ!!

【前回の様子】瓦屋根の漆喰 補修工事|千葉県袖ヶ浦市のS様邸にて塗り替え塗装中

瓦屋根のシール止め(ラバーロック)

こちらの写真は屋根瓦のズレや雨漏りを予防するためにおこなうシール止め、いわゆるラバーロックを行ったところ。

瓦屋根のシール止め

日本瓦やセメント瓦などのいわゆる瓦形の屋根材が施工されている屋根において、瓦と瓦をコーキング材(接着剤のようなもの)などで、結合、固定させることをいいます。

このラバーロックも経験が必要で、施工方法が甘いと、瓦下に湿気が溜まりやすくなったり、将来的に外観が悪くなったりすることも…。

また施主様も気付かないところで屋根瓦から雨水が侵入してくる可能性もあるため、丁寧に時間をかけながら施工を進めました。

以上、千葉県袖ヶ浦市での施工状況をお伝えさせて頂きました!