屋根の下塗り塗装後

コロニアル屋根の下塗り塗装(1回目の塗装)|千葉県君津市のW様にて塗り替え塗装中

ハウスメンテ通信をご覧頂き、
ありがとうございます!

塗装職人の山本です。

今回も引き続きになりますが、千葉県君津市のW様邸にて施工を進めましたので、その様子を紹介させて頂きますね。

コロニアル屋根の下塗り塗装(1回目の塗装)

こちらの写真は屋根の下塗り塗装中の様子。

屋根の下塗り塗装

カラーベストやコロニアルといったスレート屋根の場合には、下塗り工事にシーラー塗装するのが一般的。

ちなみに今回私用している塗料は関西ペイントの「アレスダイナミックルーフ」

ラジカル制御技術が採用されている塗料で、優れた耐久性が期待できるので、当社でも使用頻度が高いお勧めの塗料なんです。

また、紫外線や風雨の影響で若干、塗料の吸い込みが見受けられたので、下塗り材を吸い込ませるだけ吸い込ませました。

屋根の下塗り塗装後

これによりこれから塗布する主材の塗装ノリがグッと向上します。

本日の作業はここまでで、次回、主材1回目の塗布である中塗りを進めて行く予定です。

以上、千葉県君津市の塗装現場の状況をお伝え致しました!