外壁のシーリング打ち替え工事|木更津市のT様邸にて塗り替え塗装中

ハウスメンテサービスの現場ブログをご覧頂きありがとうございます!

今回は 木更津市のT様邸にて施工を進めている様子を一部ご紹介させて頂きます!!

こちらの写真はシーリング打ち替え後の状態です。

シーリングの打ち替え後

シーリングは経年により、硬化したり亀裂が入ったりして外壁の防水力を低下させます。

そのため外壁の継ぎ目やサッシ廻りの建具との隙間から雨水など侵入しないように既存の劣化したシーリング材を撤去し、柔軟性のある新しいシーリング材に打ち替える作業が必要になります。

シーリングは住まいを長持ちさせるために、継続的にメンテナンスが欠かせない箇所。

劣化している場合は目で見て分かりやすい箇所になるので、気になるようでしたら雨漏りなどの症状が出てしまう前にメンテナンスして頂くことをお勧め致します!

シーリングの打ち替え工事はお任せ下さい!

シーリングの打ち替え工事中

ハウスメンテサービスでは、外装の現状把握を行い、しっかりと長く住まいを使い続けられるようシーリング打ち替えサービスをご提供しています。

シーリング劣化による防水力低下は「早めの対策」が大切です。一度チェックしていただき、ご不明な点はお気軽にご相談くださいませ!!