コーキング充填後の目地

外壁目地のコーキング処理(打ち替え作業)|千葉県御宿町のI様邸にて塗り替え塗装中

ハウスメンテ通信をご覧頂きありがとうございます!

塗装職人の山本です!!

今回も引き続きになりますが、千葉県御宿町のI様邸にて作業を進めましたので、その様子を一部ご覧下さいませ!!

【前回の様子】外壁・屋根の汚れ・コケを高圧洗浄で水洗い|千葉県御宿町のI様邸にて塗り替え塗装中

外壁目地のコーキング処理(打ち替え作業)

今日は外壁塗装前に行う、リーリング処理の様子をメインにご覧ください。

施工前

シーリング処理前の状態ですが、経年劣化により、ヒビ割れ、剥がれといった症状が見られました。

外壁目地の古いコーキング

養生

シーリング材が余計な部分につかないように、マスキングテープで丁寧に養生してから、カッターナイフにて既存の古いシーリング材を全て取り除きます。

コーキング撤去後の目地

プライマー

プライマーを塗布します。外壁材とシーリング材の密着性を高めるために欠かせない工程です。

プライマー塗布

打ち込み・ヘラ押さえ

シーリング材を充填します。その際、隙間ができないようにすることが重要です。その後、ウレタンコーキングベラを使用し、シーリング材を取り除くとともに表面を整えます。最後に、養生テープを剥がして完成です。

コーキング充填後の目地

本日 無事にシーリング打ち替えが完了したので、後日、外壁の下塗り塗装を行っていく予定です。

以上、千葉県御宿町の進捗状況をご紹介させて頂きました!