外壁目地のコーキング補修工事|千葉県君津市のO様邸にて塗り替え塗装中

ハウスメンテ通信をご覧頂きまして、
ありがとうございます!

塗装職人の山本です!!

本日も 引き続きになりますが、千葉県君津市で行っている塗装工事の様子をご紹介させて頂きます!

外壁目地のコーキング補修工事

前回、家回りの高圧洗浄が完了しているので、今回は外壁目地の補修の様子をご紹介します。

既存の目地の状態ですが、全体的にひび割れが起きていたため、今回は完全に撤去する打ち替え工法にて補修を行っていきます。

まずは劣化したコーキングを全て撤去して、下地が見える状態にしてからマスキングテープで養生を行っていきます。

その後、下地にプライマーを塗っていきます。

このプライマーは下塗り専用の塗料になり、これから打ち直すコーキング材との密着をよくするために塗る塗料です。

下地がしっかり塗布できたら、専用ガンを使い目地の本体にコーキング材を隙間に注入し埋めていきます。

内部に空洞ができないように、上から下へと注入するのがポイント。

注入したら、上から下へとヘラで均一にならし余分なシーリング材を取り除きます。

最後に養生テープを剥がして完成です。

以上、千葉県君津市の塗装現場からお伝えさせて頂きました!