外壁の下塗り塗装

外壁の養生作業と下塗り塗装|千葉県勝浦市のO様邸にて塗り替え塗装中

ハウスメンテ通信をご覧頂きありがとうございます!

塗装職人の山本です。

今回も引き続きになりますが、千葉県勝浦市のO様邸にて塗装工事を進めましたので、その様子をご紹介させて頂きます、

【前回の様子】外壁の高圧洗浄で汚れ・コケの水洗い|千葉県勝浦市のO様邸にて塗り替え塗装中

外壁の養生作業と下塗り塗装

前日に、高圧洗浄で外壁に付着していた汚れやコケを綺麗に洗い落しているので、本日は下塗り塗装を中心に作業を進めました。

本格的な塗装がここからスタートする訳ですが、まずは非塗装部分に塗料が飛散して付着しないように、ビニール等を使って養生していきます。

非塗装部分の養生作業

養生が完了したら下塗り材として、
フィラーを全体に塗布していきます。

外壁の下塗り塗装

下塗りといっても何種類かあるのですが、今日はモルタル壁に使われている、微弾性フィラーを使用。

ちなみに微弾性フィラーとは、外壁の密着を高める効果と、凸凹を埋めてくれる効果があるんです。

色んな外壁に塗ることができ、弾性という名のとうり、伸縮性もあり、ひび割れ再発を防ぐ効果があるんですよ。

また、職人たちも上塗りを塗る際、微弾性フィラーで厚みをつけているため、下塗りより塗りやすくなります。

以上、千葉県勝浦市の現場からお伝えさせていただきました!!